弁護士は法律全般の専門家弁護士です

弁護士は、法律全般の専門家です。

弁護士は、法律全般の専門家です。その点、税理士、司法書士、行政書士の方々とは根本的に違います。

弁護士は、相続問題について経験が豊富です。相続に関するトラブルについて多くの案件を経験しており、トラブルが生じないような遺言書の作成等のノウハウや、トラブルが発生した時の最善の対処の方法のノウハウも豊かです。

その他の士業はどんな仕事をする人なの?

税理士さんは、税金の申告が主な業務です。税務申告については、税理士さんに依頼されることをお勧めします。

しかし、税務申告以外の相続問題については、法律上、取り扱いができません。

司法書士さんは、法務局に商業登記、不動産登記の申請手続きをするのが主な業務です。140万円以下の民事事件を取り扱える司法書士(認定司法書士)さんも一部にはおられますが、相続問題は通常140万円以上になりますので、司法書士さんは、相続問題は法律上、取り扱いができません。

行政書士さんは、その名のとおり、行政機関に提出する書類の作成が業務であり、法律上民事問題は一切、取り扱いができません。

もし、税理士さん、司法書士さんや、行政書士さんが法律上、許されない業務をいたしますと刑事処罰の対象となります。

弁護士のところに相談に来られる方の中には、他の士業の方が扱っていたけど、どうにもならなくなってから相談に来られる人が結構いらっしゃいます。

しかし、そのときは、すでに紛争がこじれすぎて、事件の解決に時間がかかるようになっていることがあります。

やはり、できるだけ早く弁護士に相談していただくのが一番です。

About Author

事務局

事務局

旭のあーくん