相続税の基礎控除と相続放棄

相続人が複数いる事案で、相続人の1人が相続放棄をしているのですが、相続税の基礎控除はどのように計算するのですか、との相談がありました。

平成27年1月1日以降において生じた相続については、以下のように相続税の基礎控除を計算します。

(計算式)
基礎控除額=(3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数)

そして、この法定相続人の数には相続放棄をした人も含まれます。ですから、相続放棄をした人がいても相続税の基礎控除の金額は変わりません。

相続税の基礎控除の範囲に収まれば、相続税の申告もする必要がありません。

ただ、最近、税務署が遺族に対して、相続税の申告の要否を判断するために遺産の概要などを問い合わせる連絡文書を送っているケースが多くなっているようです。

About Author

川口正広

川口正広

弁護士 川口正広(かわぐちまさひろ)
【主に従事してきた分野】
遺言、相続、医療過誤(患者側)、債務整理(破産・再生・過払請求)、離婚、交通事故
旭合同法律事務所のFacebook記事でもおなじみ

関連記事